糖尿病 血管障害 動脈硬化

糖尿病の血管障害には細小血管障害と動脈硬化がある

糖尿病の血管障害は、大きく2つに分かれます。
1つは、細い血管が詰ったり、血管から物質が漏れ出たりする細小血管障害で、 糖尿病の三大合併症と言われる網膜症、腎症、神経障害は細小血管障害の一種です。

もう1つは、大きな血管の壁の柔軟性がなくなり、血管が詰りやすくなった状態で 大血管障害と言われることもありますが、わかりやすく言うと動脈硬化 のことです。 一般的には、糖尿病の血管障害というと、動脈硬化のことをさすことが多いようです。

糖尿病が原因の動脈硬化の症状

糖尿病が原因の動脈硬化では、脳卒中、心筋梗塞、狭心症、下肢閉塞性動脈硬化症などがあります。
中でも、脳卒中は、糖尿病の患者に多い症状です。

脳卒中まで行かなくても、脳の動脈硬化が進むと、血液の流れが悪くなり、 物忘れがひどくなったり、怒りっぽくなったり、頭が重く感じたりする症状が起こります。

心筋梗塞や狭心症では、胸に締め付けられるような痛みを感じることが一般的ですが、 糖尿病の患者の場合、特に大きな症状が現れず、心電図検査で判明することも少なくありせん。 また、息切れしやすい、脈が途切れる、冷や汗が出るなどの症状で発見されることもあります。 心筋梗塞の発作は、糖尿病の場合、再発しやすくなりますので注意が必要です。

また、下肢閉塞性動脈硬化症は、足の動脈硬化です。 歩いているうちに足が痛くなり、少し休むと痛みが治まり、また歩けるといった症状が特徴です。 これを「間欠性跛行」といい、血管障害により足の筋肉への酸素供給が減ることによって起こります。

足の動脈硬化は、進行すると壊疽を起こしやすいことも良く知られています。 足の動脈硬化は神経障害を伴うことも多いため、壊疽を起こしているのに、痛みを感じず、 発見が遅れ長期の治療が必要になったり、足を切断しなくてはならなくなったりすることもあ ります。

糖尿病の合併症は、血管障害によるものがほとんどなのですが、 大きな血管に起こる動脈硬化の症状は命の危険にも関わります。 動脈硬化を防ぐためにも、血糖のコントロールだけでなく、 血圧や血中脂質もコントロールするように努めましょう。