糖尿病 むくみ 腎症

むくみは糖尿病の合併症の症状のひとつ

糖尿病が原因で、むくみが出ることがあります。
これは、糖尿病の三大合併症の一つ『腎症』で見られる症状です。

腎臓は、体の中の老廃物を取り除き、尿として体外に排泄させる器官ですが、 老廃物を取り除く働きをする「糸球体」という血管の塊を持っています。

高血糖状態が長く続くことで、たんぱく質が変化してしまう状態になると、 たんぱく質が主な成分である血管にも、悪影響が出始めます。

そして、血管の中でも「糸球体」に影響が出ると、老廃物の除去がきちんとされなかったり、 たんぱく質が尿にこぼれ出てしまったりします。 これが、糖尿病が原因の腎症です。

人工透析が必要になる一番の原因が腎症の悪化

腎症は、尿淡白が検出されている程度の初期のうちは、むくみなどは起こらず、 自覚症状は高血圧程度なのですが、進行すると、むくみを感じるようになります。

つまり、むくみを感じるということは腎症も後期になっており、 このまま進行すると腎不全となり、
人工透析が必要になってしまうのです。 現在、人工透析を必要とする原因の1位が糖尿病の合併症としての腎症・腎不全だと言われています。

糖尿病で腎症を発症すると、血糖に加えて血圧の管理も必要となり、 食事制限もいっそう複雑になります。

むくみが出る前には、自覚症状が少ないので、糖尿病と診断されたら放置せず、 尿中アルブミンと呼ばれるたんぱく質の検査を定期的に行うようにしましょう

尿中アルブミンの量だけが異常となっている早期腎症ならば、 腎症の進行を抑え、治療できるといわれていますから、尿中アルブミンの検査は早めに行う ことをおすすめします。

 

糖尿病は治らない病気ではありません

一般に糖尿病は一生治らない病気だといわれています。


しかし、実際に医者も驚く、糖尿病克服の治療法はあるのです。


私はこれで、260もあった血糖値が劇的に下がり、まもなく110を下回りそうです。


(1型糖尿病の方には残念ながらほとんど効果がないようです)

 

 薬なし注射なしで、血糖値を下げる食事法