糖尿病 皮膚 症状

高血糖が原因で起きる皮膚の症状とは?

糖尿病の症状に、皮膚の乾燥、亀裂、たこ、魚の目、白癬などがあります。 これらの皮膚症状の中には、代謝異常が原因で糖尿病の初期のうちから現れることもありますが、 湿疹、皮膚炎、カンジタ、白鮮などは、高血糖状態により白血球が機能しにくくなることで起こります。

糖尿病を発症し、血糖のコントロールがきちんとできないと、 白血球が機能しにくくなり、真菌と呼ばれる細菌に感染しやすくなります

また、血管のたんぱく質が変化し、硬くなっているため、末端の血流が悪くなったり、 神経障害から自律神経が阻害され、汗をかきにくくなり、皮脂が行き渡りにくくなったりします。

これらのいくつかの要因が重なって、皮膚の抵抗力が落ちることでも、 感染症にかかりやすくなると言われています。

壊疽の危険性もある足のケアは特に大切

糖尿病の皮膚症状で、特に気をつけなければいけないのは「足」です。

例えば、たこや魚の目は、たいしたことがないと思われがちですが、 糖尿病の場合、単なるたこや魚の目ではなく、潰瘍の前兆を疑う必要があります。

水虫も水虫の部分の皮膚がふやけたようになり、破けることで、 その部分から感染症を引き起こし、最悪の場合、壊疽を引き起こすこともあります。

糖尿病で皮膚の症状が出た場合には、入浴の時にはナイロンタオルではなくスポンジを使う、 柔らかいタオルでそっと拭く、皮膚が乾燥している場合には保湿クリームで保護するなど、 皮膚に強い刺激を与えないようにしましょう。

特に足は、つめ切りに注意したり、靴擦れしない靴を選んだり、 締め付けない靴下を選んだりするなど、細心の注意を払う必要があります。

 

糖尿病は治らない病気ではありません

一般に糖尿病は一生治らない病気だといわれています。


しかし、実際に医者も驚く、糖尿病克服の治療法はあるのです。


私はこれで、260もあった血糖値が劇的に下がり、まもなく110を下回りそうです。


(1型糖尿病の方には残念ながらほとんど効果がないようです)

 

 薬なし注射なしで、血糖値を下げる食事法