糖尿病 初期症状

多尿、口渇、多飲は糖尿病の初期症状ではない?

糖尿病の初期症状は、しばしば、多尿、口渇、多飲といわれますが、 実際には、糖尿病の初期は無症状、または症状が自覚できない状態が多く、 のどの渇きや多尿を感じるころには、糖尿病がある程度進行している ことが多いようです。

糖尿病は血液中の糖の量が多くなる症状ですが、 高血糖状態になると、細胞から水分が浸透圧の関係で失われ、脱水状態になります。

細胞から出た水分は、尿となって体外に排泄されるため、尿の量が増え(多尿)、 細胞が脱水状態になると、水分を必要とするため、のどが乾きます(口渇)。 そして、飲み物をたくさん取りたくなる(多飲)のです。

ところが、高血糖状態が続いていると、細胞と水分の浸透圧の関係が改善されないため、 細胞は脱水症状のままで、取った水分は尿となって排泄されてしまいます。

こうして、水分をたくさん取っても、のどの渇きが収まらず、尿の量ばかりが増える
という 事態が起こるのです。

このような、メカニズムがあるため、糖尿病の初期症状に『多尿』『口渇』『多飲』が 挙げられるのですが、高血糖が原因でこれらの症状がみられるようなるまでは、 ある程度の期間がかかるため、初期の段階では無症状といわれるのです。

糖尿病の初期症状として異常に食欲が増すことも

また、多尿、口渇、多飲以外の初期症状として、 「食欲が異常に強くなる」ことも挙げらています。

食欲が異常に強くなる症状については、はっきりとした原因がわかっていないようですが、 糖尿病患者の多くが、発症する数年前から食欲が増え、体重も増えているようです。

食欲が強くなる理由には、糖尿病の初期にインスリンが過剰に出る時期があり、 インスリンの影響によって食欲が強くなるとも言われますし、 食後、血糖の上昇によって満腹中枢が働き、食欲が収まるはずが、血糖が高い状態が続いているため、 満腹中枢がきちんと機能せず、食欲が続くためだという説もあります。

糖尿病は、初期症状があまりないため、高血糖状態が長く続いてしまうことが多く、 症状がない、もしくは軽いのに、合併症を引き起こすこともあるのです。

健診などで血糖値を定期的に測ることが、糖尿病の早期発見するポイントといえそうです。

 

糖尿病は治らない病気ではありません

一般に糖尿病は一生治らない病気だといわれています。


しかし、実際に医者も驚く、糖尿病克服の治療法はあるのです。


私はこれで、260もあった血糖値が劇的に下がり、まもなく110を下回りそうです。


(1型糖尿病の方には残念ながらほとんど効果がないようです)

 

 薬なし注射なしで、血糖値を下げる食事法